埼玉県さいたま市の眼科宮原眼科医院

スペキュラーマイクロスコープ −宮原眼科医院−

日帰り白内障手術、硝子体手術から、眼鏡・コンタクトレンズ相談、遠視、近視、乱視など視力のこと、花粉症などの眼のかゆみ、腫れ痛みなど、目のことなら何でもご相談下さい。

TOP > 当院のご案内 > 検査機器のご紹介 > スペキュラーマイクロスコープ
大宮クリニックは日曜日も開院
医療法人社団明優会
スタッフルーム
アイキャッチバックナンバー
ECP Medical Book
eyecureprofessionalについて
当院概要

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープによる角膜画像
角膜内皮細胞を観察するスペキュラーマイクロスコープの解説

角膜内皮細胞を観察します

スペキュラーマイクロスコープは角膜の一番内側にある細胞(角膜内皮細胞)の数を測定したり、形を観察する機械です。

この細胞は一度傷むと再生しないため、角膜にとってとても大事な細胞です。その数が一定の数字以下になると、将来目の手術を受けられなくなったり、水疱性角膜症という恐ろしい病気になってしまう場合があります。

図1.正常者の角膜内皮細胞
正常者の角膜内皮細胞
図2.減少し形が不正となった角膜内皮細胞
減少し形が不正となった角膜内皮細胞

図1は正常者のもの。図2は明らかに角膜内皮細胞の数が減少し形も不正で大きくなってしまっているのがわかります。

コンタクトレンズの長期使用者も角膜内皮細胞が減少してしまうこともあるので、コンタクトレンズを日常的に使用している方は、必ず定期的に検診を受けましょう。

→初めてのコンタクトレンズ

当院案内受診案内交通案内院長の紹介手術案内白内障手術網膜硝子体手術お知らせ
eyecureprofessionalについて
埼玉県さいたま市北区宮原町3丁目400−1
医療法人社団明優会 宮原眼科医院
TEL : 048-665-0001
→大宮クリニック
copyright©  miyaharaganka all rights reserved 街の目医者さん 宮原眼科医院