埼玉県さいたま市の眼科宮原眼科医院

eyecatchバックナンバー  −宮原眼科医院−

日帰り白内障手術、硝子体手術から、眼鏡・コンタクトレンズ相談、遠視、近視、乱視など視力のこと、花粉症などの眼のかゆみ、腫れ痛みなど、目のことなら何でもご相談下さい。

TOP > eyecatchバックナンバー一覧 > eyecatchバックナンバーVOL03
大宮クリニックは日曜日も開院
医療法人社団明優会
スタッフルーム
アイキャッチバックナンバー
ECP Medical Book
eyecureprofessionalについて
お知らせなど

eyecatchバックナンバーVOL03

web版掲載にあたり、eye catchを再編集しています
目の前に異物が飛んだりしていませんか?

それは飛蚊症が発している病気のサインである可能性があります。

飛蚊症とは

まずは飛蚊症について簡単に説明します。

飛蚊症の見え方
  • 明るいところや白い壁、青空などを見たとき、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が跳んで見えることがあります。
  • 視線を動かしても一緒に移動してきて、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗いところでは気になりません。
  • 生理的な原因によるものと、病的なものとがあります。

このような症状を医学的に「飛蚊症」と呼びます。

ワンポイントアドバイス
生理的なものである場合は、健康な目にも起こりうる現象なので、特に気にする必要はありません。

飛蚊症は目の病気のサイン!?

飛蚊症のほとんどが高齢化による老化現象であったり、若い人でも重度の近視の場合に起こる生理現象です。 しかし、

  • 浮遊物の数が急に増えた
  • 浮遊物の形が急に変わった
  • 視力が落ちた

などの初期症状が出たら、すぐに医師に相談するようにしましょう。
網膜剥離を始め、以下の病気にかかっていることを知らせるサインである可能性があります。
網膜剥離の図

  • 硝子体出血:糖尿病や高血圧、外傷などで眼底に出血がおこる
  • ぶどう膜炎:目の中のぶどう膜というところに炎症がおこる
  • 網膜裂孔:網膜に穴が開く病気
  • 網膜剥離:網膜の穴を中心に網膜がはがれて硝子体の方へ浮き出す、放っておくと失明に至る怖い病気です
網膜剥離の症状

網膜剥離の症状
A:飛蚊症が起こる
B:光視症(光が飛ぶことが多い)
C:視野が欠ける(視界の一部が欠ける)

まとめ 症状を感じたときは、早めに相談を!!

飛蚊症はほぼ、病的でないものですが、意外な目の病気の原因となっていることがあります。自分で勝手に判断せず、症状を感じたら早期受診が得策。 飛蚊症の原因について精密検査を受けることが重要です。

→網膜剥離について

眼科医療最新情報

25G硝子体手術の具体例

黄斑上膜(黄斑前膜)の例

今回は、当院で行なわれている25G硝子体手術の対象になる病気について、具体的に見ていきましょう。

網膜の最も大事な部分に膜が張ってしまい、視力が下がったり、ものが歪んで見えたりする病気です。
年齢により特に原因が無く発生する特発性黄斑上膜と、目の外傷や手術の後に発生する続発性黄斑上膜があります。一度悪化すると手術以外では治療の方法がありません。

では実際の手術例について見ていきましょう。

72才 女性
徐々にものが歪んで見え、視力が低下してきたため、当院を受診。

黄斑上膜の硝子体手術例

矯正視力が(0.4)まで低下し、術前の網膜の状態は、図のOCT(網膜断層撮影)のように異常に厚みが増し、むくみを生じていました。
このため、25G硝子体手術を行なうことになりました。

そして、術後7ヶ月。矯正視力は(1.2)と改善しました。
画像からも分かるように、網膜の形状もほぼ正常に近い状態まで回復しました。

もちろん、症状により経過は様々ですが、私が医局に入局した頃は手術の成功率もそれほど高くなく、手術して1週間以上も入院していました。

眼科領域における医療技術はここ数年で目覚しく進歩しています。

→硝子体手術について

→黄斑上膜(黄斑前膜)について

スタッフノート

ロッカーもオシャレに・・・♪

カピバラさん

・・・というわけで、今回は私達スタッフのロッカーの鍵のお話しをしたいと思います。
女性スタッフが多いからでしょうか?鍵に可愛い小物をつけてオシャレにするのが密かに流行っているようです(笑) 大事なものなので、失くさないように目印を付けているのですが、それにしても「付けすぎ!」「大きすぎ!」とにかくすごくにぎやか!

最近ではロッカーの引き手(?)部分に挟まっている「カピバラさん」を発見!これ、実在する動物って知ってました?私は知りませんでした(笑)
それにしてもいい感じで挟まっています!これなら絶対失くしませんね。

キーホルダー達

他にも、トトロやディズニーキャラクター、ご当地ものなど様々な仲間が生息中(笑)
不思議なことに、同じものはほとんどありません!!(驚)
小さいながらも、ロッカーを明るくしてくれる仲間達を見て、皆癒しをもらっているようです。

声の改善点

患者様の声と改善点

このコーナーでは患者様から寄せられたご要望と、それに対する改善点をご報告したいと思います。

今回も患者様より様々な意見を頂いています。患者様からの意見・感想は、一つ一つ読ませていただき、少しでも患者様に快適な環境を提供できるように努めています。
では、患者様から寄せられた意見を参考に改善した点をご報告させていただきます。

子供に絵本を読ませる際、待合室での照明の暗さが気になります。

検査室に比べ、待合室は落ち着いた空間のため、明るさを抑えていましたが、日差しが入らないときは、薄暗くなる雰囲気がありました。
待合室の電球を換え、本を読むときにも目に優しい照明にいたしました。

難しい雑誌だけでなく、内容の読みやすい雑誌も置いて欲しい。

今までは、女性誌・科学情報雑誌等を置いていましたが、偏りがあったようです。
そこで、雑誌の種類を増やすことにしました。

現在は、地域情報誌・生活情報誌・ファッション誌・ペット情報誌等、色々な種類の雑誌を置いています。以前に比べて雑誌を読んでいるかたが多く見られますので、改善してよかったと感じています。

また、雑誌置き場を受付横付近(検査入口)にもう一つ設置したので、検査で名前を呼ばれた際も、スムーズに検査・診察へ入れるようになりました。

質問コーナー

受付時間と眼圧検査について

Q なぜ9時にならないと受け付けさせてもらえないのですか?

A 診察を開始するにあたり、院内で準備しています。
また、患者様によって来院時間が異なり、遠方から来院される方もいらっしゃいますので、皆様が平等にお待ちいただけるよう、時間を定めさせていただいています。

Q 眼圧検査は毎回やらないといけませんか?

A 眼圧の高い眼は、眼疾患を伴っている場合が多く、それらの疾患を見逃してしまうと、更に重大な疾患を引き起こす可能性があります。(代表例として、緑内障などがあります。)
また、点眼薬により眼圧が上がることもあるので、それらの確認も含めて、定期的に検査をさせて頂いています。

この他に、ご質問等ございましたら、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい。
また、要望箱もございますので、そちらもご利用下さい。

第3回:出身医局が全国2位にランクイン

今回は、少し趣向を変えまして、豆知識じゃない話題でいってみようかと思います。
みなさん、朝日新聞社から発行されている、「手術数で分かるいい病院全国&地方別ランキング2008」という本をご存知ですか?
眼科では網膜硝子体手術についてのランキングが行なわれています。そこの全国2位になんと!わが駿河台日本大学病院の名が!

外来も週一回やっている私自身の出身医局であり、常勤・非常勤の先生方もこの駿河台日本大学病院眼科出身の先生ばかりなのです。

いい病院ランキングで日大駿河台が2位

宮原眼科医院李院長

なによりも、当院で行なっている25G硝子体手術(※)は二名の術者で行なっていますが、一人はもちろん院長である私、もう一人が、ランキング全国2位のところにお名前が出ておられる「島田宏之教授」なのです!
先生は私の師匠にあたる方です。この手の本は評価の仕方が様々で、一概に正当な評価と言えるかどうかは別として、私自身は、ランキング2位どころか、日本一手術のうまい「神の手」と思っています。

この間、「先生、せっかくだから、HPとか新聞とかで自慢してもいいですか?」と聞いたら「いいよ。」と軽くご了承いただいたので、載せておきました(笑)

※現在当院での網膜硝子体手術は、より最新の27G(ゲージ)システムにて実施しています。

当院案内受診案内交通案内院長の紹介手術案内白内障手術網膜硝子体手術お知らせ
eyecureprofessionalについて
埼玉県さいたま市北区宮原町3丁目400−1
医療法人社団明優会 宮原眼科医院
TEL : 048-665-0001
→大宮クリニック
copyright©  miyaharaganka all rights reserved 街の目医者さん 宮原眼科医院