埼玉県さいたま市の眼科宮原眼科医院

eyecatchバックナンバー −宮原眼科医院−

日帰り白内障手術、硝子体手術から、眼鏡・コンタクトレンズ相談、遠視、近視、乱視など視力のこと、花粉症などの眼のかゆみ、腫れ痛みなど、目のことなら何でもご相談下さい。

TOP > eyecatchバックナンバー一覧 > eyecatchバックナンバーVOL01
大宮クリニックは日曜日も開院
医療法人社団明優会
スタッフルーム
アイキャッチバックナンバー
ECP Medical Book
eyecureprofessionalについて
お知らせなど

eyecatchバックナンバーVOL01

web版掲載にあたり、eye catchを再編集しています
大丈夫ですか花粉症対策

大丈夫ですか花粉症対策

花粉症はどんな病気?

いよいよ花粉症の季節がやってきました。
今年の花粉の飛散量は、関東甲信越地方で例年の30%程度と、少なめに予測されています。(環境省予測)
花粉症は、体内で作られる花粉の抗体が許容量を超えると、花粉に過敏に反応するようになって起きるアレルギー性疾患です。いまは花粉症でなくても、昨年の花粉で抗体が許容量の限界に来ている可能性もあり、花粉が少ないからといっても油断は禁物です。

花粉症の症状は?

目のまわりがかゆくなり、充血、涙目、目やになどの症状がほとんどの人に見られます。
「アッカンベー」をすると見えるまぶたの裏の部分は結膜と呼ばれています。
この部分は花粉等がくっつきやすく、血管も豊富なため、アレルギー反応が起きやすいのです。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状や、のど、気管支、胃腸の症状、全身の倦怠感や発熱が見られる場合もあります。

花粉症から身を守る!

症状を起こさないためには花粉をよせつけないことが大切。出かける際は、つば付き帽子、メガネ、マスクを着用し、花粉が付着しやすいウール、毛皮、フリースなどの上着の着用は避けましょう。

花粉症の薬

目の症状だけなら、抗アレルギーの目薬だけでも十分効果があります。
抗ヒスタミン薬は即効性が期待できる反面、眠気や体のだるさ、口の渇きなどの副作用が出ることがあります。
目薬の点眼でも眠くなることがあるので、車の運転や危険な作業をする人は注意が必要です。

家庭でできる花粉症対策

・外から帰ったら、玄関の外で、服、髪の毛、持ち物についた花粉をよくはらう。
・窓の無用な開閉はやめる。
・干した布団や洗濯物は、花粉を完全に払い落としてからとりこむ。
・部屋の掃除は、掃除機やぬれ雑巾でこまめにていねいに。
・きれいな水で目を洗うのも効果的です。

→花粉症について

眼科医療最新情報

光干渉断層計

ニデック社製OCT(光干渉断層計)「OCTオフサルモスコープC7」

ニデック社製OCT(光干渉断層計)「OCTオフサルモスコープC7」

これまで眼の中の検査は、直接光を当てて行なう眼底検査が主体でした。
しかしこれでは網膜表面の微細な異常は分かりにくく、網膜内部の異常については、見た目から想像するしかありませんでした。
そこで登場したのが、OCT=光干渉断層計です。
OCTはレーザーに似た性質の安全な光を用いた網膜観察装置で、数ミクロン単位の異常も見逃さず、紛らわしい病気を判別するのに非常に有効です。

黄斑円孔と偽黄斑円孔

当院に導入したニデック社製「OCTオフサルモスコープC7」は、従来は不可能だった立体解析も可能にした画期的な装置で、眼底検査だけでは時に困難な場合のある黄斑円孔と偽黄斑円孔の判別や、加齢黄斑変性とポリープ状脈絡膜血管症の判別も容易になりました。

→OCT(光干渉断層計)の診断例

スタッフノート

左袖には団結の証?

宮原眼科医院も開院から5年が経ち、いろいろな変化を経てきました。「あんなこと〜こんなこと〜」・・・その中から、今回は制服に注目して見ましょう!
現スタッフの制服は白のパンツスタイルの制服ですが、以前はワンピース型の制服だったのです。新人の私は着たことがありませんが・・・。

そこで、先輩方に以前の制服の思い出を伺ってみました。『スカートだから動きづらかったなあ』、『とにかく冬は寒かった!』・・・あれ?良い思い出とかありませんか?『ん〜、色はピンクと緑があって可愛かったなあ』。どうやら意外と体育会系の当院では現在の制服の方が好評のようです。

袖の刺繍 そんな私たちの制服ですが、左袖に注目!「Miyahara Eye Clinic」とピンクの刺繍が入っていますよね。これ実はお揃いなんです!誰とって・・・もちろん先生方と。先生の着ている制服にも注目してみると、スタッフとお揃いのピンクの刺繍があるはずです!何気なく着ている制服にも“一致団結のこだわり”があったのですね。

お揃いの刺繍のように、「心も合わせて、頑張るぞ!」と、気持ちも新たにしたのでした。
以上、受付担当加藤のレポートでした!

近況報告

第45回日本網膜硝子体学会に参加致しました

学会会場での成瀬院長

去る12月2日、東京都港区で行なわれた第45回日本網膜硝子体学会において、当院における25G日帰り硝子体手術について、学会発表を行ないました。

網膜硝子体を専門とする日本中の眼科医が集まる中、大変緊張しましたが、高名な先生方にも過分なご評価を頂き、有意義なものとなりました。
次回の最新眼科医療情報では、2005年11月より当院に導入された最先端医療技術の一つである25G硝子体手術について解説する予定です。

→硝子体手術について

教えて目のこと
このコーナーでは、毎回皆様から頂いた、眼に関するご質問などをご紹介します。

白内障手術について

Q 白内障の手術を受けたいと思います。
手術にかかる時間はどれぐらいですか?また、事前に検査は必要でしょうか?

A 現在当院では日帰りの白内障手術を行なっています。
最新設備と技術の進歩によって、白内障手術の安全性は飛躍的に進歩しました。
しかし手術にあたっては、現在の状態を入念にチェックし、リスク等も充分に考慮する必要があります。
そのための検査を行い、結果が出るまでに1〜2週間程度かかります。
また手術時間ですが、最近は眼に優しい手術が推奨されており、急いで手術を行なわない風潮にありますが、それでもかかる時間はせいぜい10分〜15分程度です。
(ただし症例によって多少異なります)

第1回ブルーベリーが眼に良いのはウソ?

最近、「食べるだけでやせる食品」情報の真偽が話題となりました。当院でも、眼に良い食べ物やサプリメントについて質問を頂くことがあります。
今回は、その中でも特に有名なブルーベリーについてのお話です。

ブルーベリーが眼に良いという説が世間に広まったのは第2次世界大戦の頃でした。
イギリス空軍のジョン・カニンガム中佐は、夜間戦闘でドイツ空軍を多数撃破し、「キャッツ・アイ」の異名を取っていました。猫の眼は夜でも良く見えるということからでしょうか。
当時イギリス空軍は、新型の高性能レーダーを開発し、夜間戦闘でドイツ軍を圧倒。戦況に大きな差をつけていました。しかし、新型レーダーの存在を知られたくないイギリス空軍は、「ブルーベリーを食べて出撃したら夜間の視力が上がった」と偽情報を流したというのです。現在常識のように知られているブルーベリーの効能は、戦時中に作為的に広められた可能性があるわけです。

ブルーベリーの主成分であるアントシアニンは、網膜の光を伝えるロドプシンという物質の再合成を活発にするといわれており、眼に良いという説もあながち嘘とは言えません。しかし視力回復につながるような根拠は、示されていないのです。

成瀬院長

この逸話は後日談があり、情報を真に受けたドイツ軍は研究を続け、ブルーベリーよりも夜間視力に効果のある物質を発見します。それが、マリーゴールドの花から抽出した“キサントフィル脂肪酸エステル”という物質。この成分は現在も、夜間の視力が低下する病気、網膜色素変性症の治療薬として広く活用されています。

当院案内受診案内交通案内院長の紹介手術案内白内障手術網膜硝子体手術お知らせ
eyecureprofessionalについて
埼玉県さいたま市北区宮原町3丁目400−1
医療法人社団明優会 宮原眼科医院
TEL : 048-665-0001
→大宮クリニック
copyright©  miyaharaganka all rights reserved 街の目医者さん 宮原眼科医院